アパート経営を委託したい!そんな時に必要な知識とは?

アパート経営を委託するメリット

アパート経営において、物件を管理する方法には、大きく分けて自主管理と委託管理の2つがあります。自主管理は、その名の通り、大家さんがすべて自分で管理をするということです。委託管理は、逆にすべてのことを管理会社に任せてしまうということになります。入居者の募集・宣伝から、クレーム・トラブル対応まで、アパート経営において必要になることをほとんどすべて管理会社に任せてしまいます。
委託管理を選択すれば、自分はなにもしなくても、毎月お金が振り込まれてくるという投資家にとっては理想的な形になるでしょう。サラリーマンをやっていて、管理の時間がとれない人や、自宅からアパートまで車で1時間以上かかるという人は、委託管理を選択せざるを得ないこともあります。

委託管理のデメリット・注意点

委託管理の最大のデメリットは、コストがかかるということです。自主管理をしているオーナーは、アパート経営の知識と経験が積み重なって、年月が経過するほど管理の効率がアップしていき、アパート経営が楽しくなっていくということも多いです。一方、委託管理ではオーナーはなにもしないことも多いので、知識やノウハウが蓄積されていきません。基本的に管理会社任せになるので、コストがかかり続けてしまいます。
また、管理会社の中には実力がないところもあり、高額なコストを支払っているのに、空き室をなかなか埋めてくれなかったり、しっかりと管理をしてくれなかったりといった不満を持つオーナーも多いです。管理会社選びは慎重に行っておく必要があるでしょう。